大阪市の整体/筋膜リリース ダイエット/セルライト除去

大阪市の正しいダイエット・脚痩せ セルライト除去と筋膜リリース 肩こり・頭痛専門整体のボンボン&セル

テニス肘の改善 関節の痛み筋膜リリース

テニス肘などのスポーツ障害は急性期に患部の圧迫・固定をするのが常識です。

ところが、早期に適切に障害部位を動かし始めないと、可動域が制限されたまま組織が回復することに。

このような状態で痛みが治まっても、「もう大丈夫!」と運動を再開するたびに炎症がぶり返します。

スポーツ障害、テニス肘をくり返している方は、適切な回復方法を選びましょう。

大阪市近郊の方は一度当院へお越し下さい。

テニス肘(外側上顆炎) テニスエルボー

テニス肘は腕の使いすぎで、肘の外側が炎症を起こして痛みます。
外側上顆炎と言い、腕を使いすぎる方には誰でも起こりえます。女性に多く発症します。

当院の筋膜リリース施術では平均3~4回の施術で痛みが8割~9割取れています。
早い段階で適切な施術を受けられることをお勧めします。

テニス肘の痛み

タオルをしぼる動きや、手の平を床に向けた状態で物を持ち上げると痛みます。

これは、手首を返したりタオルを絞る動きに使われる筋肉が肘の外側に付いているためです。
筋肉からのテンションは肘の筋肉付着部分、外側上顆にかかります。

痛みは炎症によるものなので、まずは冷却!
熱を取って痛みを抑えましょう。

ここで「動かすと駄目!」と、安静にしすぎると筋膜が癒着してゆきます。

過ぎた安静は筋膜の癒着を呼び、癒着部に再び強いテンションがかかると何度も炎症を起こします。
また、不安感から腕を使わないようにしている方は筋力低下をおこします。

繰り返すテニス肘

テニス肘がやっかいなのは何度も何度も炎症をくり返してしまうことにあります。
1年2年と長期にわたってお悩みの方もめずらしくありません。

テニス肘は熱を取って炎症を抑え、筋膜の癒着をリリースすることで上手く回復してゆきますが、それ以外に「関節の小さなズレ」が関係していることが多くあります。

・筋膜の癒着を放置している
・関節のズレに気づかない
このような場合に長期化する傾向にあります。

肘は関節にかかる力が大きく、関節の小さなズレをおこしやすい部位です。

慢性化したテニス肘は、ほうっておいても改善するものではありません。
筋膜の癒着をリリースし、肘関節の小さなズレを整えてテニス肘の悩みから解放されましょう。

筋膜リリースでテニス肘を改善

筋膜リリース+関節モビライゼーション
整体30分 ¥3800
大阪市近郊の方はぜひ一度ご来院を。
4月17日(火曜)の受付は終了いたしました。
4月19日(木曜)は臨時休業です。
4月20日(金曜)はお二人様の受付が可能です。
4月21日(土曜)の受付は終了いたしました。
4月22日(日曜)はお一人様の受付が可能です。

当日予約や週末のご予約がお取りいただきにくい状況が続いております。
ご予約はできるだけお早めにどうぞ。

筋膜はその重要さに対して、未だ認知度が低いものです。
真面目にスポーツに取り組んでいる方でも、筋膜のケアをされる方はまだまだ少数です。

当院で効果を実感してください。
当院の筋膜リリースは筋膜ケア専用の機器と手技によるものです。

テニス肘サポーター

サポーターは肘にかかるテンションを少し弱めてくれます。
使用中はサポーターの圧迫によって力を入れやすくなります。

痛みも若干緩和されるものの、やはり無理をすると肘に負担がかかります。
サポーターだけでは根本的な解決にはなりませんが、上手に利用して正しく肘を回復させてゆきましょう。

テニス肘やスポーツ障害でお悩みの方は大阪市の正しい整体、筋膜リリースのボンボン&セルへどうぞ。